東京為替:ドル・円は小幅上昇、上海総合指数は一時プラス圏

2018年10月12日 11:11

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*11:11JST 東京為替:ドル・円は小幅上昇、上海総合指数は一時プラス圏
12日午前の東京市場でドル・円は小幅に上昇し、足元は112円30銭付近で推移。上海総合指数が短期的にプラスに浮揚したほか、日経平均株価が下げ幅を縮小し、リスク回避的な円買いは弱まっている。米10年債利回りの持ち直しで、ドル買いも入りやすいようだ。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は112円01銭から112円31銭、ユーロ・円は129円86銭から130円25銭、ユーロ・ドルは1.1586ドルから1.1602ドルで推移した。《MK》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース