米国株見通し:世界的な株安の広がり受けて売り継続

2018年10月11日 18:42

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:42JST 米国株見通し:世界的な株安の広がり受けて売り継続
S&P500先物  2753.75(-27.25) (18:05現在)
ナスダック100先物  6966.50(-65.50) (18:05現在)


 18時05分時点のグローベックス米株式先物市場で、S&P500先物とナスダック100先物は軟調推移。NYダウ先物は前日比290ドル安程度で推移している。欧州株式市場は全面安。時間外取引のNY原油先物は前日比1.20ドルほどの下落で推移。こうした流れを受け、11日の米株式市場は売り先行で始まりそうだ。


 G20財務相・中銀総裁会議が始まり(12日まで、インドネシア・バリ)、米国と中国との全面的な関係悪化への警戒感が引き続き株式市場の重しとなる。また、トランプ大統領による度重なるFRB(利上げ)批判についても、市場がトルコに対して抱いたような危惧は不要だろうが、今回は嫌気ムードが強まる可能性もある。NY原油先物は、世界的な株安による需要後退思惑などから売り継続が予想される。


 本日発表となる米経済指標は、9月消費者物価指数と先週分新規失業保険申請件数。9月消費者物価指数は、コア指数が前月から伸びが拡大するとの予想。また、先週分新規失業保険申請件数も前回並みの低水準が見込まれており、米長期金利の上昇につながり、株式市場にはネガティブな材料になる可能性がある。《KK》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース