【日本は貧乏になって行く(1)】「若者のクルマ離れ」から見えてくる日本の将来

2018年10月11日 11:56

小

中

大

印刷

 自動車工業協会が、「2017年乗用車市場動向調査」を4月9日に発表している。「若者の車離れ」が叫ばれているので、その実態がどのようなものかをデータを見て紐解いてみよう。しかしながら、「貧困・高齢化・女性の社会進出」は、現在の日本社会の現実のようだ。このうち説明を要するのは「貧困」についてだが、人手不足・所得の向上が感じられる中で「貧困とは何事か!」と叱られそうだが、その実態を見てみよう。

【こちらも】交通格差は?都市では「車離れ」、地方では車の利用率95%超

 「2017年乗用車市場動向調査」は大変詳しいアンケート調査だが、これほど詳細なアンケート調査を活かせる「企画・設計」が出来ているとは思われない。単に「年齢別」ではなく、「ライフステージ別」に集計しているのは良いが、今一歩踏み込んで「ライフスタイル別」とすると意味が出てくるかもしれない。少なくとも、自動車販売の「営業トーク」に反映するべき内容が集計できるはずだ。しかし現状は、この「自動車工業会」のデータそのものを読んでいない営業マンが大多数であろう。

■「車を買いたくない」54%

 車を所有していない20代800人に「車に関心があるか?」と聞いてみたところ、「関心がない」と答えたのが57%だった。2015年の調査より12%も減っている。「関心がある」と答えたのは43%で12%増加しているのだ。

 また、「購入意向はあるのか?」と聞いた場合、「買いたくない」は54%で5%減っている。逆に、「買いたい」が5%増加して45%なのだ。

 しかし、どちらの聞き方でも、「若者(20代800人)」のうち半数以上が「否定的」に答えているのだ。この理由は何なのだろうか?

■結婚すると「買いたくなる」ようだ

 “未婚男性の場合、「買いたい」と答えたのが44%だったのに対して、既婚男性は「買いたい」と76%が回答。未婚女性の場合、「買いたい」と答えたのが42%だったのに対して、既婚女性は「買いたい」と53%”が答えた。(日本自動車工業協会 「2017年度 乗用車市場動向調査」より)

 この理由には「利便性・必要性」があると考えられ、「趣味としての車ではなく、実用車」の必要性のようだ。結婚すると、子供の世話や買い物など、特に働く女性にとっては必需品となってくるのは、当然と思われる。

 次は、クルマを「買いたくない」理由を再確認しよう。(kenzoogata)

続きは: 【日本は貧乏になって行く(2)】 社員の貧困を放置する自動車メーカー

関連キーワード所得貧困結婚

「自動車・二輪車・部品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース