十八銀行<8396>のフィスコ二期業績予想

2018年10月6日 23:45

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*23:45JST 十八銀行<8396>のフィスコ二期業績予想
※この業績予想は2018年9月26日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

十八銀行<8396>

3ヶ月後
予想株価
420円

長崎県地盤の地方銀行。県内シェアは預金、貸出金ともにトップ。公正取引委員会がふくおかFGとの経営統合承認。法人関連フィーの増強図る。その他業務収益は堅調。国債等債券売却益が増加。19.3期1Qは2桁増収。

18年6月末時点の連結自己資本比率は11.40%。役務取引等利益は増加。貸出金残高は一般貸出金が伸びる。19.3期通期は資金利益の減少等が響く見通し。需給良好。上昇する13週線等も株価上昇をサポートへ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/46,100/-/6,300/4,000/233.46/60.00
20.3期連/F予/46,300/-/6,500/4,100/239.30/60.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/09/26
執筆者:YK《FA》

広告