TSIホールディングス、上野商会を150億円で買収

2018年10月5日 23:05

小

中

大

印刷

記事提供元:アパレルウェブ

 TSIホールディングス(東京、上田谷真一社長)は、10月15日付けでアパレル企画・生産・小売りの上野商会(東京、長谷川文彦社長)株式79%を取得し、子会社化することを発表した。きょう5日の取締役会で決めたもので、取得価額は150億円。
 上野商会はAVIREXやSchott、ROYAL FLASH、B’2nd、L.H.P.、BEAVER、RAWLIFEなどのブランドの企画、生産、輸入、卸売および小売りを行う。2017年8月期の売上高は191億9,000万円、営業利益13億7,300万円、経常利益15億1,200万円、純利益9億4,700万円。
 TSIホールディングスは、中期経営計画における成長戦略で、ファッションを軸足とした積極的なM&Aを掲げており、今回の買収によって、同社のブランド・ポートフォリオにおいて手薄になっていたゾーンを強化できること、またグローバルな成長を目指す上で、双方にメリットがあると判断した。
TSIホールディングス 公式サイト
上野商会 公式サイト


※この記事はアパレルウェブより提供を受けて配信しています。

関連キーワード買収

広告

財経アクセスランキング

広告