【銘柄フラッシュ】Nutsなど急伸し多木化学は「バカマツタケ」でストップ高

2018年10月5日 17:01

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 10月5日は、多木化学<4025>(東1)が東証1部の値上がり率1位となり、マツタケより小ぶりで香りと味はマツタケ以上とも言われている「バカマツタケ」の完全人工栽培に成功との4日発表リリースが注目され、朝方から買い気配のままストップ高(1000円高の6150円)に張り付き、大引けにストップ高で売買成立。

 2位は佐鳥電機<7420>(東1)の9.3%高となり、4日発表の第1四半期決算が材料視されて9.3%高と出直りを拡大。

 3位はソフトバンク・テクノロジー<4726>(東1)の8.7%高となり、4日のトヨタ自動車<7203>(東1)とソフトバンクグループ<9984>(東1)の提携を買い材料とするなら当社株のほうが軽量で値幅妙味も大きいとの見方。

 プレミアグループ<7199>(東2)は業績見通しに加え、相次ぐ風水害・塩害によってクルマの修理や買い替えが活発化するとの思惑も言われて9.1%高となり上場来の高値を更新。スマートバリュー<9417>(東2)は秋の臨時国会で採利上げられる可能性のある「電子行政」に関連するとの見方があり、大きく出直って7.2%高。

 マネジメントソリューションズ<7033>(東マ)はいきなり動意づき、10月決算への期待や大口受託などの可能性が言われたようで思惑ありげとなりストップ高の18.6%高。ITBOOKホールディングス<1447>(東マ)は13.6%高となり、旧・ITBookとサムシングホールディングスが10月1日付で共同持ち株会社を設立し再上場となり期待と注目が強い様子で統合後の高値を連日更新。

 Nuts<7612>(JQS)は14.7%高となり、米コロンビア大学のサポート受けた会員制クリニックの開設計画などに期待が再燃とされて出直り拡大。システムズ・デザイン<3766>(JQS)はソフトバンクグループとAIによる顧客応答サービスなどを展開し、ソフトバンクグループとトヨタとの提携は好材料との見方があり8.9%高となった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【業績でみる株価】FCMは18年3月期大幅増収増益・増配予想で再増額の可能性(2018/02/20)
【株式評論家の視点】日本システム技術は第3四半期営業黒字転換、昨年9月の下値圏に届き値ごろ感(2018/02/08)
カチタスはニトリの家具・インテリア付き中古住宅の販売に期待感、2600円どころが下値圏(2018/02/13)
【編集長の視点】BEENOSは1Q流通総額の高進捗率を手掛かりに売られ過ぎの訂正買いが拡大し続急伸(2018/02/19)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「銘柄フラッシュ」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース