東京ディズニーランド&シーの「ディズニー・クリスマス」35周年祝う

2018年10月4日 13:05

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 東京ディズニーリゾートでは、2018年11月8日(木)から12月25日(火)までの期間で、クリスマスイベント「ディズニー・クリスマス」を開催。期間中は、2018年よりテーマを一新した東京ディズニーシーをはじめ、東京ディズニーランド、ディズニーホテル、ディズニーリゾートラインの各施設で様々なイベントが実施される。

■東京ディズニーシー

■昼のハーバーショー「イッツ・クリスマスタイム!」

 メディテレーニアンハーバーで楽しめるのは、本格的なライブパフォーマンスにあふれた新しい昼のハーバーショー「イッツ・クリスマスタイム!」。シンガーの歌声やダンサーの軽快なタップダンス、美しいラインダンスで、ゲストに素敵なクリスマスの始まりを予感させてくれる。

■水上にツリーが浮かぶ「カラー・オブ・クリスマス」

 夜には、2017年に引き続き、水上に浮かぶクリスマスツリーが幻想的に輝く水上エンターメイメント「カラー・オブ・クリスマス」を公演。ミッキーマウスをはじめとするディズニーの仲間たちが、クリスマスのオーナメントが輝く船に乗って登場し、夜の港をより一層ロマンティックに彩る。

■東京ディズニーランド

■35周年のアニバーサリーイヤーを祝う特別なクリスマス

 東京ディズニーランドでは、夜間とクリスマスの期間だけしか見ることができない特別な演出を「セレブレーションストリート」で実施するなど、35周年のアニバーサリーイヤーならではの祝祭感に溢れたクリスマスを実施。

 クリスマスカラーで彩ったセレブレーションタワーを中心に、クリスマスの音楽と映像、光の演出がワールドバザールを包み込むほか、シンデレラ城の裏に35周年のロゴ付きの生木クリスマスクリーな登場するなど、パーク全体がお祝いムード一色に染まる。

■クリスマスの物語を楽しむパレード「ディズニー・クリスマス・ストーリーズ」

 また日中には、“ストーリーブックからあふれ出したディズニーの仲間たちのクリスマスの物語”をテーマにしたパレード「ディズニー・クリスマス・ストーリーズ」を、2017年に引き続き実施。そのほか一部のエンターメイメントプログラムにも、クリスマスの要素が加わる予定だ。

■スペシャルグッズも登場

 東京ディズニーシー、東京ディズニーランドのいずれにも、35周年のアニバーサリーイヤーにちなんだクリスマスグッズが登場。冬のケープコッドを楽しむダッフィー&フレンズのグッズや、オリジナルの“スノースノー”を作ることが出来る「スノースノー“メイク・イット・マイン”」など、それぞれ50種類以上のアイテムが用意されている。

■ぽかぽかのウィンターアパレルも

 また「ディズニー・クリスマス」開催に先駆けて、2018年11月1日(木)からは、パーク内を温かくすごすことができるウィンターアパレルが登場。ミニーマウスをモチーフにしたジャケットをはじめ、ファンキャップやポシェットなどもファー仕様に。また昨年人気を博したホワイトアイテムにも新作が追加。ミッキーマウスをモチーフにした耳付キャップや、モコモコのイヤリングなどが展開される。キャラクターの世界観を落とし込んだ、あったかグッズを身に纏って、冬のパークを楽しんでみてはいかが。

■開催概要

 東京ディズニーリゾート「ディズニー・クリスマス」開催期間:2018年11月8日(木)〜12月25日(火)場所:東京ディズニーシー、東京ディズニーランド、ディズニーホテル、ディズニーリゾートラインの各施設※スペシャルグッズは、11月1日(木)から先行販売。※ダッフィー&フレンズのグッズは、11月2日(金)から先行販売。※「スノースノー“メイク・イット・マイン”」は11月6日(火)から先行販売。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードクリスマス東京ディズニーランド東京ディズニーシー

広告

写真で見るニュース

  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース