偽キャンペーンでユーザー集めていたポイントサイト運営者ら、逮捕

2018年9月30日 22:47

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

hylom 曰く、 実際に景品を提供する意思がないにもかかわらず、ポイントサイト「キラキラ☆ウォーカー」で「景品が当たるスクラッチキャンペーン」などを行なってアフィリエイト収入を得ていたとして、サイト運営会社ヴィヴィットの社長ら4人が詐欺容疑などで逮捕された(カナロコの記事産経WESTの記事毎日新聞の記事ねとらぼの記事)。

同社は同サイト経由での他社サービスの利用やアンケートへの回答にポイントを付与し、貯めたポイントを現金や商品券などに交換できるサービスを提供していた。同サイトでは焼き肉チェーン店「牛角」のブランド名を無断使用した偽キャンペーンのほか、ポケモンなどの画像や商標を使った偽キャンペーンを行なっており、著作権法違反および商標法違反、不正競争防止法違反容疑もかけられている。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | 犯罪 | 著作権 | インターネット

 関連ストーリー:
飲食店のブランド名を無断で使ってメールアドレス収集や勧誘を行う偽キャンペーン 2017年02月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード著作権ポケモン牛角

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース