富士フイルム、1億画素のセンサー備える中判デジタルカメラを開発へ

2018年9月28日 23:23

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

maia曰く、 富士フイルムが1億200万画素・43.8×32.9mmの大型センサーを搭載したミラーレスデジタルカメラ「GFX 100Megapixels Concept」の開発を発表した

 中判ながらも機動性の高いカメラを出すという。ボディ内手振れ補正機構、像面位相差AF(センサー全面)を持つ。2019年発売、予価1万ドル。業務用とはいえ、性能的には格安だろう。

 4K/30pでの動画撮影にも対応する。サイズや重量は35mmフルサイズイメージセンサー搭載デジタルカメラ並みを目指すとのこと。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア

 関連ストーリー:
富士フイルム、写真用白黒フィルム製品の販売を終了へ 2018年04月03日
富士フイルム、米ゼロックスを買収 2018年02月01日
フィルム写真人気、再燃? 2015年09月15日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードミラーレス富士フイルム

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
  • HD140283 (c) Digitized Sky Survey (DSS), STScI/AURA, Palomar/Caltech, and UKSTU/AAO
  • (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース