パナソニック、フルフレームミラーレスカメラ発表

2018年9月28日 20:51

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

maia曰く、 25日、パナソニックはフルフレーム(フルサイズ)ミラーレス「LUMIX Sシリーズ」を発表した(PhileWebファイルウェブギズモード)。発売は2019年春で、価格未定。

 マウントはライカSLシステムで使われているLEICA Lマウントで、内径は51.6mm、フランジバックは20mm。これについて、ライカ、パナソニック、シグマは同日「Lマウントアライアンス」協業を発表しており(デジカメWatch)、シグマはレンズおよびボディの開発を表明している。LUMIX Sシリーズの第一弾はS1RとS1の2機種で、それぞれ4700万画素、2400万画素となる。XQD/SDダブルスロット、3軸チルト液晶、高耐久性シャッター、防塵防塵、マイナス40度に耐える耐低温といった特徴をもつ。

 当初のレンズは50mm/f1.4、24-105mm、70-200mmとなっているが、既存のライカLマウントレンズと互換性があり、シグマを含めた各社から続々と発売されるそうである。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア

 関連ストーリー:
カシオ、コンパクトデジタルカメラから撤退し高付加価値カメラに特化との報道 2018年04月25日
ニコン、MFフィルム一眼レフ・MFレンズのメンテナンスを期間限定で受付へ 2017年12月13日
ニコン、中国での生産を終了へ 2017年10月31日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードミラーレスパナソニックシグマライカ

広告

広告

写真で見るニュース

  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース