ライフ RSS

 

アルコール原因で毎年世界で300万人死亡 WHOが発表

2018年9月26日 18:00

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 世界保健機関(WHO)によると、アルコールが原因で死亡する人は、毎年世界でおよそ300万人ほどだという。また、その死因でもっとも多いのは交通事故や喧嘩などだそうだ(NHK)。

 死因の割合は「交通事故やけんかなどの暴力、自傷行為」が28%、「消化器の病気」が21%、「心臓・血管の病気やがん、精神障害など」が19%とのこと。これを受けてWHOはアルコールの規制強化を訴えている。

 スラドのコメントを読む | 医療 | ビール

 関連ストーリー:
アルコールの摂取はメリットよりもデメリットの方が多いという研究結果 2018年08月28日
アルコールはDNAを傷付けるという研究結果が発表される 2018年01月15日
飲酒すると、飲酒直前までに覚えたことを忘れにくくなる? 2017年08月17日
英国のアルコール摂取量ガイドライン、ビールは週8缶まで 2016年01月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード世界保健機関(WHO)

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース