セブンイレブン、十五夜に合わせた「お月見スイーツ」を期間限定販売

2018年9月18日 21:56

小

中

大

印刷

■セブンイレブンから「お月見スイーツ」4品が登場

 セブンイレブンジャパンでは、9月24日の十五夜に合わせた「お月見スイーツ」4品を全国の店舗で販売する。今年はこだわりの卵「エグロワイヤル」を使用したプリンや北海道十勝産小豆を使用したぜんざいが登場。見た目と味のギャップに驚かされる和洋折衷スイーツが楽しめる。秋を感じる「お月見スイーツ」は9月18日から期間限定で発売される(価格はすべて税込み)。

【こちらも】セブンイレブン、2018年クリスマスメニューの予約受付開始 9月24日から

■2018年「お月見スイーツ」のラインナップ

 「北海道十勝産小豆使用 プリン&白玉ぜんざい」:297円
 パティシエやシェフの要望に応えて作られた特別な卵「エグロワイヤルを使用した甘さ控えめのこだわりプリン。北海道十勝産の小豆を使用したぜんざい、専用工場で作られた白玉ときなこをかけたホイップクリームも一緒に楽しめる和洋折衷スイーツ。

 「ころころうさぎとお月様」:199円
 愛嬌のある表情の親うさぎの中にはバニラホイップクリーム、ピンクの子うさぎの中はいちごみるくホイップクリームが入っている。見た目は餡の入った普通の団子に見えるこの商品。味とのギャップや意外性もおもしろい。また満月をイメージして作られた黄色の大福は、さつま芋を使用したクリームをとろけるようなもち生地で包んでいる。

 「まんまるプリンのロールケーキ」:221円
 こちらも特別な卵「エグロワイヤル」を使ったコク深い味わいが自慢のスイーツ。見た目は普通のロールケーキだが、その中央には月に見立てたプリンが丸ごと入っている。さらにプリンの下にはカラメルソースが添えられているので、本格的なプリンとロールケーキが一緒に味わえる贅沢な商品となっている。

 「まろんくりぃむ大福」:149円
 もちもちとしたもち生地で、なめらかに仕上げたマロンクリームをたっぷりと包んだスイーツ。栗の甘露煮を丸ごと一粒乗せ、十五夜の満月を表現。栗を贅沢に味わいたい人にオススメの商品となっている(9月13日より発売中)。

■秋らしいスイーツが続々登場

 セブンイレブンではこのほかにも秋らしさを感じるスイーツを発売。さつま芋、つぶあん、ごまの3種類が入った「もち麦もっちり秋の小さなおはぎ」や、種子島産の安納芋を使用した「安納芋のムースケーキクッキー&芋ブリュレ」なども楽しめる。

 長かった猛暑の日々から解放され、やっと秋の空気を感じられるようになってきた。月が一番きれいに見えると言われる十五夜。たまにはゆっくり空を見上げてみるのはいかがだろうか。(Natsuki)

関連キーワードセブンイレブン

「コンビニ」の写真ニュース

ライフの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_fashion

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース