辺野古建設可否巡り事実上一騎打ち 沖縄知事選が告示

2018年9月14日 12:09

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 沖縄県名護市辺野古に普天間に替わる「新基地建設を可とするか、否とするか」が大きな争点になる沖縄県知事選挙が13日告示された。

 新基地建設を「可」とする自民・公明・維新・希望の推薦候補と「否」とするオール沖縄勢力候補との事実上の一騎打ちになった。

 沖縄知事選には、いずれも無所属新人で基地建設を「可」とする自民、公明など推薦の前宜野湾市長の佐喜真淳氏(54)、前知事の翁長雄志氏の遺志を継ぎ基地建設を「否」とする前衆院議員で自由党幹事長の玉城デニー氏(58)が立候補したほか、元那覇市議で料理研究家の渡口初美氏(83)、元会社員の兼島俊氏(40)が立候補した。

 今回の選挙結果が今後の辺野古基地建設に大きく影響することから、事実上、国政選挙並みに佐喜真氏を推薦する自公と玉城氏を支持する政党の一騎打ちの構図になっている。沖縄知事選は一部地域を除き今月30日に投開票され、新しい知事が決まる。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
辺野古沿岸埋め立て承認「撤回」
普天間鎖、辺野古見直し 米日政府に求める
国政与党・野党が激突の様相 沖縄知事選挙
沖縄知事選 玉城氏応援へ立憲・国民・共産党首
沖縄知事選 辺野古で玉城氏対佐喜氏一騎打ちか

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード沖縄県辺野古翁長雄志選挙

「国内政治」の写真ニュース

政治・社会の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース