日経平均テクニカル:25日線上向き転換、上昇基調復帰を示唆

2018年9月13日 18:15

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:15JST 日経平均テクニカル:25日線上向き転換、上昇基調復帰を示唆
25日の日経平均は反発。ローソク足は陽線を引き、2日連続で5日線を下回ることなく推移した。5日線が上向きを維持したほか、25日線が上向きに転じ、上昇基調への復帰を示唆している。一目均衡表では、日々線が雲を大幅に上回り、遅行線は株価の上方に浮上して強気シグナルを発した。ボリンジャーバンドでは、日々線が+1σを上回って終了。-1σ割れを見た7日からの反転基調を確認した形となり、14日以降は+2σを試す流れとなろう。《FA》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
  • 2018年4月25日に公開された詳細な銀河系の立体地図 (c) ESA
  • ブランチ札幌月寒のイメージ(画像: 大和リース発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース