大戸屋、「生さんまの炭火焼き」「かきフライ」定食など旬の味覚を販売開始

2018年9月3日 18:48

小

中

大

印刷

「生さんまの炭火焼き定食」(画像: 大戸屋)

「生さんまの炭火焼き定食」(画像: 大戸屋)[写真拡大]

写真の拡大

■大戸屋の旬の味覚が勢揃い

 大戸屋では9月3日より、「生さんまの炭火焼き定食」「広島産かきフライ定食」「かぼちゃパフェ」を販売する。

【こちらも】デニーズ、シャインマスカットと巨峰がたっぷりの秋デザート7種類が登場

 昨年は販売開始から数日で販売休止、価格の見直しなどのトラブルがあった「生さんまの炭火焼き定食」。今年は水揚げ量も好調のため、脂ののった美味しいさんまを思う存分味わえる。更に海のミルクと言われ栄養価の高い「広島産かきフライ定食」や、カボチャをたっぷり使った「かぼちゃパフェ」など旬の味覚も楽しめる。

■秋の味覚の代表格!「生さんまの炭火焼き定食」

 さんまは北海道根室産で、一度も冷凍や解凍をされていない鮮度抜群のものを使用。炭火を使って、じっくりと香ばしく焼き上げている。定食には五穀ご飯、味噌汁、香の物などが付いて1尾は980円(単品790円)、2尾の場合は1,380円(単品1,190円)で販売する。

 五穀ご飯から白ご飯への変更は無料。ご飯の量は普通サイズが180g、少なめの場合は100gで20円引き、また大盛りは300gで変更無料となっている。

■サクッとジューシー!「広島産かきフライ定食」

 広島産の牡蠣を使用したかきフライは、サクサクとした食感の衣と口の中に広がる濃厚な旨みが特長。隠し味にアンチョビをプラスした手作りのタルタルソースとの相性も絶妙となっている。五穀ご飯、味噌汁、香の物とたっぷりのキャベツが添えられて、4個盛りは970円(単品780円)、6個盛りは1,200円(単品1,010円)。弁当の場合は4個盛り860円(単品670円)、6個盛りは1,100円(単品910円)で販売する。

■かぼちゃの味わいをしっかり堪能できる「かぼちゃパフェ」

 えびすかぼちゃで作られた甘しょっぱい「みたらしかぼちゃ」をメインに、パンプキンペーストやかぼちゃのパウンドケーキも入ったパフェ。ミルクアイスやミルクプリン、カラメルソースなどとの相性も良く、かぼちゃの味わいをしっかり堪能できる秋らしいスイーツとなっている。価格は420円。

 皮はパリッと香ばしく、身はホクホクでふんわりと焼き上げたさんまの炭火焼き。サクサクの衣にジューシーな旨みがたまらないかきフライ。そして優しい甘みが嬉しいかぼちゃのパフェ。大戸屋の秋メニューが、「食欲の秋」を連れてくる。(記事:Natsuki・記事一覧を見る

関連キーワード大戸屋

広告

広告

写真で見るニュース

  • PASSION DIAMONDの取り扱い商品例。(画像:D.Tech発表資料より)
  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース