マクドナルド、夏の定番“もも”3種を使った「マックシェイク」を期間限定販売

2018年8月17日 11:56

小

中

大

印刷

「マックシェイク もも3種いれちゃいました」(写真:日本マクドナルドの発表資料より)

「マックシェイク もも3種いれちゃいました」(写真:日本マクドナルドの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 「マックシェイク もも3種いれちゃいました」(写真:日本マクドナルドの発表資料より)
  • 2017年に発売した「マックシェイク もも&もも」(写真:日本マクドナルドの発表資料より)

■「マックシェイク もも3種いれちゃいました」販売

 日本マクドナルドは22日より、夏の定番の“もも”3種を使った「マックシェイク もも3種いれちゃいました」を、9月中旬までの期間限定で販売する。今年はさらに進化させ、白桃、黄桃、ネクタリアン3種の“ももづくし”の贅沢なおいしさが楽しめる。Sサイズ120円、Mサイズ200円(いずれも税込)。

【こちらも】マクドナルド、8月8日から地域限定ご当地バーガーを販売

■商品の特長

 果汁がいっぱいで香り良く、甘い白桃、濃い甘さの黄桃、すっぱいネクタリアン3種の果汁を使用。3種の果汁を組み合わせ、桃の味をこれまで以上に感じられる。3種の桃で贅沢な味と、マックシェイク独特のクリーミーな舌触りで、ひんやりとおいしく、暑い夏にはぴったりな飲のスイーツに仕上がっている。

 カップは、期間限定で、全てのマックシェイクに花火の絵柄とし、夏らしいデザインだ。

■夏の定番“もも”のマックシェイ

 日本マクドナルドは、2017年8月2日に期間限定で、白桃と黄桃2種の果汁を使った「マックシェイク もも&もも」を発売した。上品で濃厚な甘さが一つとなり、厚みのある甘さと奥行きのある味わいだった。2016年8月にも、国産の桃を使った、桃本来のすっきりとした甘さと豊かな香りで、夏の残暑にぴったりの「マックシェイクもも」を発売している。

■人気のコラボシェイク

 日本マクドナルドは、これまでにも多くのコラボシェイクを発売している。6月27日には期間限定で、昨年と同じく、アサヒ飲料のブランド「カルピス」とコラボし、より甘さをすっきりさせて、酸味を引き立たせ、よりさわやかにリニューアルさせた「マックシェイク×カルピス」を発売。5月16日には、2016年に発売し人気のコラボシェイク「マックシェイク 森永ミルクキャラメル」を約2年ぶりに復活発売。3月28には、江崎グリコの「カフェオーレ」と初コラボをし、11年ぶりのコーヒーフレーバー「マックシェイク×カフェオーレ」を発売した。(記事:さゆり・記事一覧を見る

関連キーワードマクドナルドコラボレーション

関連記事

広告