GLMとオリックス、EV心臓部のレンタル開始 車体とパワートレインを有償で

2018年8月16日 22:00

小

中

大

印刷

(画像: GLMの発表資料)

(画像: GLMの発表資料)[写真拡大]

写真の拡大

 EV(電気自動車)メーカーのGLMは14日、産業機器レンタルのオリックス・レンテックと、車の心臓部である「プラットフォーム」のレンタルを開始することを発表した。

【こちらも】日本電産、新世代電気自動車向け超急速充電システム開発

 「プラットフォーム」は車台とパワートレインからなる車の心臓部、レンタル期間は1~5年、各社に有償で貸し出すという。料金は60カ月で月額14万3千円、18年8月20日からサービスを開始。車載システムの開発会社などを対象に、EVの研究開発用としての需要を見込み、年間6社6台程度の利用を目指すという。

 両社ともに車体とパワートレインからなる「プラットフォーム」のレンタルは初のサービス、業界においても新たな取り組みとされている。

 GLMは電気自動車の開発から販売のみならず、クルマの心臓部となる車体とパワートレインを軸とした「プラットフォームビジネス」に注力をしている。同ビジネスが世界から引き合いがあるのは、従来の自動車メーカーのみならず、別業種の企業においても電気自動車の開発に参入できる点にあるという。

 EVは欧州や中国を中心に、環境的配慮の高まりから次世代の自動車を担うべく、熾烈な開発競争が繰り広げられている。従来のエンジン車の在り方とは異なり、部品点数が大きく減少し、その簡易性が注目されているが、一方で高度な技術力と莫大な初期投資により参入には厳しい障壁があった。

 そこで同社は「プラットフォームビジネス」に取り組むことで、各参入企業の障壁を取り除き、開発部門を担うとしている。

 現在、中国やインドなど量産体制を目指す新興国からの引き合いも相次ぎ、EV市場に参入する国家や企業が拡大していく動きにあるという。同社としてはまず車載の心臓部を抑えることで独自のポジションを築くとしている。

 今回、オリックス・レンテックとの連携によりプラットフォーム事業の営業網も拡大。両社初の試みとなるレンタル事業に乗り出すことで、EVの未来におけるビッグビジネスの柱としていくという。

関連キーワード電気自動車GLM

「自動車・二輪車・部品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース