太陽光発電のおかげで夏の電力不足回避 別の問題も

2018年8月15日 23:07

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 今年は猛暑にも関わらず、深刻な電力不足にはなっていない。その理由は、電力需要の減少と太陽光発電の普及にあるそうだ(日経新聞)。

 東京電力管内で太陽光発電によって生み出されている電力は1000万kWほど。同管内での電力需要は5000万kWほどなので、単純計算では5分の1の電力が太陽光発電で賄われていることになる。また、2010年度のピーク電力需要は1億7800万kWだったが、2016年度はこれが約12%減っているという。

 一方で、最近では暑さのピークが夕方にずれ太陽光発電の出力が低下する時間帯とかぶる傾向があるそうだ。そのため電力の需給見通しに狂いが生じ、そのために他社からの電力融通が必要になったケースも出ているという。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | 日本 | 電力

 関連ストーリー:
中国が太陽光発電設備への支援を見直しへ、太陽光パネルの価格下落となるか 2018年06月22日
米国、セーフガード発動にもかかわらず太陽光発電の導入率がガスや風力を超え堅調 2018年06月19日
九州電力管内、太陽光発電による発電量が受け入れ限界に近づく 2018年05月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード東京電力太陽光発電

「太陽電池・太陽光発電」の写真ニュース

環境・エコの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告