「罪悪感ある」専業主婦・主夫は半数以上 しゅふJOBの意識調査

2018年8月14日 12:08

小

中

大

印刷

「罪悪感を覚えた」主婦は半数以上という結果に(画像:しゅふJOB総研の発表資料より)

「罪悪感を覚えた」主婦は半数以上という結果に(画像:しゅふJOB総研の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 働いて収入をあげていないことに後ろめたさや罪悪感を覚えたことのある専業主婦・主夫は半数以上にのぼることが、民間の調査機関「しゅふJOB総研」(東京都新宿区)の調査でわかった。一方で、「罪悪感などはない」とする主婦らも約4割いた。

【こちらも】共働きが1129万世帯に 専業主婦世帯の約2倍 新たな問題「小1の壁」

 同総研は、人材紹介業の「ビースタイル」が運営する主婦に特化した人材サービス「しゅふJOB」の調査機関。調査は、ビースタイルに求人登録をした主婦らを対象にインターネットを通じた無記名のアンケート方式で行った。有効回答数は999件。

 同総研のまとめによると、回答者のうち、現在を含めてこれまで専業主婦・主夫だった経験があるのは81.6%。これら専業主婦・主夫の経験者を対象に、専業主婦・主夫に後ろめたさや罪悪感のようなものを覚えたことがあるかどうかを尋ねたところ、「ある」25.4%、「少しはある」31.2%、「ない」41.7%で、「ある」と「少しある」を合わせると56.6%となり、半数を超えた。

 回答の理由について、自由に記入してもらったところ、「夫ばかりが金銭的な負担を負っている」(40代)、「経済的に依存している気がした」(60代)、「自分の稼いだお金でないと、自由に使うのに気が引ける」(40代)などと収入がなく経済的に依存していることをあげる人が多く、「夫に、人の稼いだ金で楽をしていると言われた」(40代)、「(周囲に)お金持ちだと思われることがある」(20代)、「ネットで専業主婦がたたかれすぎる」(40代)などと周囲から「楽だ」と思われることをあげる人もいた。

 一方で「罪悪感などはない」との回答も4割を超えており、「主婦も立派な仕事」(40代)、「育児が仕事と思っていた」(50代)、「間接的に収入につながっている」(40代)などと、育児や家事の意義や大変さを訴える答えが多かった。

 アンケート結果について、同総研の川上敬太郎所長は「主婦(夫)業は家庭運営に不可欠であり、家庭を支えることを通して社会も支えている。女性活躍推進や働き方改革が盛んに言われるが、働きたい人がより働きやすくなる社会を実現する一方で、家族とはチームであり、主婦(夫)業もまた社会における大切な役割であることをしっかりと認識する必要がある」としている。

関連キーワード働き方改革

「家庭・家族」の写真ニュース

ライフの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_fashion

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース