サイバーコム 2Qは売上高が58.19億円、主力のソフトウェア開発事業が好調に推移

2018年8月13日 10:50

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:50JST サイバーコム---2Qは売上高が58.19億円、主力のソフトウェア開発事業が好調に推移
サイバーコム<3852>は8日、2018年12月期第2四半期(18年1月-6月)決算を発表した。売上高が58.19億円、営業利益が2.46億円、経常利益が2.51億円、四半期純利益が1.72億円となり、上期の業績は計画を上回り順調な推移となった。なお、同社は2017年12月期より決算日を3月31日から12月31日に変更したことにより、対前年同期増減率については開示していない。

主力事業のソフトウェア開発事業は、売上高で前年同一期間比13.6%増の47.59億円、営業利益で同8.7%増の5.99億円と増収増益となった。制御ソフトウェア開発におけるECU(Electronic Control Unit)関連等の車載システム開発案件、半導体製造装置システム開発案件が好調に推移。業務ソフトウェア開発も、企業向け業務システム、エネルギー関連システム、生保システム、医療向けシステム、ECサイト構築、電子マネー・クレジット決済関連システム等の開発案件が好調に推移した。

サービス事業は売上高で前年同一期間比3.3%増の10.29億円、営業利益で同4.7%増の1.30億円となった。SIサービスにおいて社会インフラ及び金融系を中心とした仮想化、クラウド移行案件、サイバーセキュリティ対策案件、通信キャリア向け5G、ネットワーク構築関連の基地局検証案件が堅調に推移。自社プロダクト「Cyber Smart」シリーズ製品は、クラウドサービスや年間保守の増加等により堅調に推移した。

2018年12月期の通期業績予想については、売上高が115.00億円、営業利益が5.80億円、経常利益が5.80億円、当期純利益が3.90億円とする期初計画を据え置いている。《SF》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース