経済 RSS

 

消費を動かす“オーガニック市場” 注目は「アピセラピー美容」

2018年8月12日 22:03

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

オーガニックといえば、今では農作物だけに留まらず、自然の生き物や生き方を大切にするライフスタイルそのものを表す言葉としても使われはじめている

オーガニックといえば、今では農作物だけに留まらず、自然の生き物や生き方を大切にするライフスタイルそのものを表す言葉としても使われはじめている[写真拡大]

写真の拡大

 今、日本市場を動かすカギが「オーガニック」と言われている。オーガニックといえば、もともとは化学的に合成された肥料や農薬を使わない有機農法で作られた農作物のことをさすが、今では農作物だけに留まらず、自然の生き物や生き方を大切にするライフスタイルそのものを表す言葉としても使われはじめている。

【こちらも】化粧品の世界市場、アジアが躍進 日系企業も海外展開を加速へ

 日本国内で「オーガニック」という文言を商品パッケージに標記するためには、農林水産省の厳しい審査基準に合格し「有機JAS認定」を取得する必要がある。そのため、以前はオーガニックといえば高価な上、専門店や通販サイトなどでしか手に入れられないというイメージが強かった。ところが近頃ではイオンがプライベートブランド「トップバリュ」のグリーンアイオーガニックというシリーズで、野菜やお茶、コーヒー、調味料など幅広いラインナップのオーガニック食品を手ごろな価格で展開するなど、ぐっと身近になってきた。これもオーガニックブームを加速させている原因の一つだろう。

 また、食べること以外の方法でも関心が高まっているオーガニック食品もある。例えば、蜂蜜はご存知の通り栄養価の高い健康食品の代表格だが、美容業界においても、蜂蜜を使った「アピセラピー美容」が世界中で注目を集めている。

 アピとはラテン語でミツバチのこと。養蜂が盛んなヨーロッパではミツバチ産品の蜂蜜やローヤルゼリーなどを使用した美容法が伝統的な健康法として行われてきた。

 「アピセラピー美容」が今改めて脚光を浴びているのは、イギリス王室のキャサリン妃がこれを実践しているとニュースに取り上げられたり、さらには多くのハリウッドセレブたちも実践していることが明らかになったからだといわれている。

 日本でも、山田養蜂場などが早くからこの「アピセラピー美容」を推進しており、はちみつを使用したコスメ商品「ハニーラボシリーズ」や、ローヤルゼリーをつかったスキンケア商品「RJシリーズ」などを展開している。山田養蜂場の他にもエステブランドのVECUAがすべてのアイテムに蜂蜜を配合したナチュラルコスメブランド「VECUA Honey」を立ち上げるなど、オーガニックブームと相まって、国内でも徐々にアピセラピーコスメに火が付き始めている。

 ほかにも、オーガニックの広がりを示すものとしては、ユニ・チャームが発売している「ナチュラル・ムーニー」などがある。同製品は日本初のオーガニックコットン配合のおむつとして2016年の発売以来、口コミで人気が広がったヒット商品だ。また、アース製薬が開発した、天然成分100%でありながらしっかりとした防虫効果が得られるオーガニックな防虫剤「natuvo(ナチューヴォ)」も、昨今のオーガニックブームの象徴的な商品といえるだろう。

 農作物や食品だけに留まらず、我々の生活のあらゆるシーンで見直されつつあるオーガニック商品と、それを積極的に取り入れたオーガニックな生き方。オーガニック商品に包まれれば、心も体もナチュラルになりそうだ。(編集担当:藤原伊織)

■関連記事
15年度の国内のヘケア市場規模は前年度比0.7%減の4,383億円 植毛市場、発毛・育毛剤市場が好調
15年度の自派・オーガニック化粧品市場規模は前年度比6.0%増の1,175億円 今後も拡大基調続く
「オーガニックは体にいい」に異論 その理由は
2016年はソーシャルプロダクツの時代? 消費者の50%超が、商品の「安さ」より「社会性の高さ」を評価
国内化粧品市場の成長続く 男性の美意識高まりも

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードコーヒーイオン(AEON)ユニ・チャームはちみつ農林水産省

「経済一般」の写真ニュース

経済の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_economy

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース