川崎重工、「Ninja H2」などをモデルチェンジ

2018年8月11日 11:07

小

中

大

印刷

Ninja H2 Carbon。(画像:川崎重工業発表資料より)

Ninja H2 Carbon。(画像:川崎重工業発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  •  「Ninja H2」
  •  「Ninja H2」
  •  「Ninja H2 Carbon」
  •  「Ninja H2 Carbon」
  • 「Ninja H2R」
  • 「Ninja H2R」

 川崎重工業は、同社のフラグシップモデル「Ninja H2/Ninja H2 Carbon」を、2019年モデルとしてフルモデルチェンジすると発表した。8月10日から、導入国で順次受注を開始した。

【こちらも】川崎重工、“ちょうどいいサイズ”の多用途四輪車を新発売

 また、サーキット走行専用モデル「Ninja H2R」も装備を充実させ、やはり2019年モデルとして新発売するという。こちらも8月10日から導入国において順次受注開始となる。

 主な変更点を挙げていこう。まずはエンジンである。優れた燃費性能を持つNinja H2 SXのバランス型スーパーチャージドエンジン開発で得たノウハウを活用し、エンジン効率を高めた998cm3水冷4ストローク並列4気筒スーパーチャージドエンジンを搭載。エアフィルター、インテークチャンバー、スパークプラグといった主要部品をNinja H2 SXと共用とし、231PSを実現する。

 車体はイタリア・ブレンボ社製のストリート用モノブロックキャリパーラインナップから、最新最上級モデルの「Stylema」をフロントブレーキに採用。従来モデルM50と比べて小型・軽量化を実現し、ブレーキ性能も高まっている。

 タイヤはブリジストンの最新モデル「BATTLAX RACING STREET RS11」を採用、より軽快なハンドリングが可能になった。

 装備の面では、カワサキ初のスマートフォン接続機能が採用された。Bluetooth接続で相互通信が可能となり、専用アプリ「RIDEOLOGY THE APP」によって車両情報や走行ルートをスマートフォンで確認したり、電話やメール着信を液晶スクリーンに表示させることもできる。

 ペイントには特殊コーティング塗装「ハイリーデュラブルペイント」が採用されており、傷を自己修復することが可能で、高品質な外観が維持される。

 なお、導入予定国は、欧州・カナダ・オーストラリア・日本・インドネシア・タイ・フィリピンなどである。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワード川崎重工業

「自動車・バイク新製品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース