フランダースの観光局、ルーベンスをポルノ扱いするFacebookを動画で批判

2018年7月28日 23:57

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless曰く、 ベルギー・フランダース政府観光局VISITFLANDERSは21日、バロック期に地元アントワープで活躍した画家ルーベンスの作品をポルノ扱いするFacebookに対し、その対応をユーモラスに批判するキャンペーン動画を公開した(キャンペーンページThe Guardian動画)。

 VISITFLANDERSでは「フランダースの巨匠たちFlemish Masters)」と題し、ルーベンスのほかブリューゲルファン・エイクの作品と、その作品が創り出されたフランダースの地を紹介する観光キャンペーンを実施している。しかし、Facebookが作品の一部をポルノ扱いすることで、Facebook上で思うように宣伝ができないのだという。

 動画は「fbi」というロゴ付きの上着を着たソーシャルメディア捜査官が、ルーベンスハウスを訪れた人々にソーシャルメディアアカウントを持っているかどうか確認するというもの。アカウントを持っていると答えた人に対しては、芸術的な表現であってもあなたをヌードから守る必要があるなどとして、安全な絵画の前に誘導していく。キャンペーン公式サイトではFacebookを含むソーシャルメディアの対応について、局部が隠れるよう下帯をルーベンスに描かせた17世紀のカトリック教会よりも一歩進んだものだと述べている。

 スラドのコメントを読む | idleセクション | グラフィック | Facebook | 広告 | idle | IT

 関連ストーリー:
メトロポリタン美術館の「夢見るテレーズ」に児童ポルノとの声が上がる 2017年12月12日
パンを子供に分け与える聖人の彫像、パンの位置で問題発生 2017年11月25日
Facebook、ベトナム戦争で逃げ惑う少女の写真を児童ポルノとして削除 2016年09月12日
英国で「少女の性的描写」を含む漫画やアニメが児童ポルノと判断される 2014年10月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードFacebookポルノベルギー

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース