ドン・キホーテ、石垣島に“多機能型店舗”をオープン 沖縄県内6店目

2018年7月27日 08:47

小

中

大

印刷

「ドン・キホーテ石垣島店イメージ」(写真:ドン・キホーテの発表資料より)

「ドン・キホーテ石垣島店イメージ」(写真:ドン・キホーテの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 「ドン・キホーテ石垣島店 周辺地図」(写真:ドン・キホーテの発表資料より)
  • 「ドン・キホーテ寝屋川香里園店イメージ」(写真:ドン・キホーテの発表資料より)

 ドン・キホーテは26日、「ドン・キホーテ石垣島店」(沖縄県石垣市)を8月10日にオープンすると発表した。同社としては、国内最南端の店舗となる。

【こちらも】ドン・キホーテが「宅配ロッカー」「フリースペース」 千葉の店舗で試験運用

■今回の取り組み

 「ドン・キホーテ石垣島店」は、石垣空港と石垣港の中間地点に位置し、売り場面積は約1,000坪弱。石垣空港から15分、店舗周辺も含めて約170台分の駐車場を整備した。公共交通の東運輸バス「ドン・キホーテ前」停留所からもすぐの場所に位置する。営業時間は、8時から翌日午前2時まで。

 地元利用者のライフラインになると同時に、観光グルーズ船の寄港などで人の流れが活発になっている石垣島で、国内外の観光客のニーズにもこたえる、“多機能型店舗”を目指す。

 地元利用向けの商品としては、日用消耗品や家庭消耗品を豊富に品揃えし、好きな分だけ購入できるバイキング形式の惣菜や新鮮なフルーツを主に、青果や精肉など生鮮3品を揃える。化粧品やスマホパーツ、玩具など商品の他、観光客需要としては、水着やシュノーケリングなどマリングッズコーナーや土産コーナーを設ける。

■沖縄県の店舗状況

 ドン・キホーテは、今回の出店で、沖縄県内の店舗数が合計6店舗となる。2012年に、沖縄県初出店となる「MEGAドン・キホーテ宜野湾店」を皮切りに、2016年に離島への初出店となる「ドン・キホーテ宮古島店」をオープンしている。

■最近の店舗状況

 また、同社は、7月25日に大阪や京都のベッドタウンとして利用者の多い、京阪本線「香里園駅」に近い場所に、「ドン・キホーテ香里園店」を8月10日にオープンすると発表。生活に欠かせない家庭雑貨品やインナー衣料など、日々の暮らしに役立つアイテムと、スマホパーツや化粧品などのトレンド性の高いアイテムを展開し、利便性とトレンド性を兼ね揃えた店舗としている。

■訪日外国人客数と沖縄県の出店状況

 日本政府観光局(JNTO)は7月18日、6月の訪日外国人客数が、前年同月比15.3%増の270万5000人になったと発表。6月としては過去最高を更新した。

 喫茶店チェーン牡のコメダ(愛知県名古屋市)は8月6日に、同社としては日本最南端の店舗として、那覇空港から車で約15分の場所に「沖縄糸満店」をオープンすると発表。

 セブン-イレブン・ジャパンは2016年6月に沖縄県に初出店すると表明し、2019年秋頃に向け、出店の準備を進めている。(記事:さゆり・記事一覧を見る

関連キーワード訪日外国人沖縄県ドン・キホーテ

広告

財経アクセスランキング