トヨタ、新型スープラの走りを一般公開 直6エンジンの咆哮が響き渡った

2018年7月26日 11:13

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

英国で開催された「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」で、間もなくデビュー予定のトヨタスポーツ「スープラ」プロトタイプが、1.9kmのヒルクライムコースを疾駆した

英国で開催された「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」で、間もなくデビュー予定のトヨタスポーツ「スープラ」プロトタイプが、1.9kmのヒルクライムコースを疾駆した[写真拡大]

写真の拡大

 7月12日~15日に英国グッドウッドで開催された「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」(Goodwood Festival of Speed)で、間もなくデビュー予定のトヨタスポーツ「スープラ」のプロトタイプが疾駆した。

【こちらも】トヨタ、新型スープラで2019年のNASCARに参戦

 トヨタは同イベントで、開発中の「スープラ」を公の場で初めて走行させ、「スープラ」のアイデンティティである直列6気筒エンジンのサウンドが会場内に響きわたらせた。

 「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」は、今年25周年を迎え、世界各国のレーシングカーやオートバイなどが走行するモータースポーツイベントで、毎年約20万人のファンが集まることで知られている。

 今回、イベントでは、スープラ開発責任者の多田哲哉氏と、ニュルブルクリンク24時間耐久レースにも出場経験のあるテストドライバー、ヘルヴィッヒ・ダーネンス氏が運転する「スープラ」プロトが、グッドウッドで最も注目される「ヒルクライムコース」で1.9kmのコースを走行した。

 トヨタのフラッグシップスポーツカーとして長らく親しまれてきた「スープラ」は2002年に生産を中止していた。が、今年3月、ジュネーブ国際自動車ショーでレーシング仕様のコンセプトモデル「GR Supra Racing Concept」として復活を果たした。伝統を受け継ぎ直列6気筒エンジンとFRレイアウトを採用した「スープラ」は、来年前半より順次、世界各国で販売される予定だ。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
トヨタ、フラッグシップ・スポーツ「新型スープラ」発進、米NASCAR仕様から
トヨタ、新型スープラのレーシングコンセプト公開、ジュネーブショーで
トヨタ、本格2座スポーツの次期スープラ、東京モーターショーで公開

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードトヨタ自動車スープラ

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 画像はイメージです。
  • イオンスタイル岡山青江のオープンイメージ(イオンリテール発表資料より)
  • 現在発見されている直径1,000km以上の太陽系外縁天体とその衛星。(画像:東京工業大学発表資料より)
  • チーズロコモコバーガー。(画像:日本マクドナルド発表資料より)
  • かねさ減塩味噌仕立ての焼おにぎり。(画像:ローソン発表資料より)
  • スズキ「アルト ラパン X」(画像: スズキの発表資料より)
  • 和民などに導入される竹素材を使ったストロー(写真:和民の発表資料より)
  • 「Atmoph Window 2」(画像: アトモフ株式会社の発表資料より)
  • 「19design」のトップページ。(画像:オラクル構想準備室発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース