「mineo」がソフトバンク回線に対応 業界初の3キャリア提供へ

2018年7月24日 16:41

小

中

大

印刷

 ケイ・オプティコムが運営する格安SIMの「mineo(マイネオ)」は、ソフトバンク回線を使用する「Sプラン」の提供を9月4日から開始することを発表した。これにより、mineoは格安SIMとしては業界初の3大キャリア(au・ソフトバンク・ドコモ)全ての回線に対応したサービスとなった。同時に期間限定キャンペーンの開始も発表し、Sプランを新規申し込みすると6カ月間、毎月最大1,750円(価格はいずれも税別)が割引となる。

【こちらも】mineo、通信監視で画像データ検出し「通信の最適化」 解除は受け付けず

 Sプランの料金は、シングルタイプ(データ通信のみ)では、500MBで790円、3GBで990円、6GBで1,670円、デュアルタイプ(データ通信と音声通話)では、500MBで1,750円、3GBで1,950円、6GBで2,630円で提供される。他にも10GB、20GB、30GBのプランも提供予定だ。

 Sプランは、au回線を使用するAプラン、ドコモ回線を使用するDプランと比較すると若干割高な料金設定となっている。シングルタイプではAプラン、Dプランより90円高く、デュアルタイプではAプランより440円、Dプランよりも350円高い料金だ。ただ、キャンペーンが適応されれば、6カ月間はSプランが一番安い料金で利用することも可能だ。

 今回実施されるのは、「祝 トリプルキャリア!3つそろって333キャンペーン」と「ソフトバンク回線プランスタート記念!先行予約キャンペーン」の2つキャンペーンだ。

 「祝 トリプルキャリア!3つそろって333キャンペーン」は、キャンペーン期間中にデュアルタイプで新規申し込みした人に適応される。Aプラン、Dプラン、Sプラン全てが対象だ。キャンペーンが適応されると、6カ月間全てのプランの月額料金が500MB333円、3GB533円、6GB1,213円となる。約1,000円から1,400円の割引だ。

 「ソフトバンク回線プランスタート記念!先行予約キャンペーン」は、8月1日から8月31日までに先行予約受付を完了し、9月4日から11月6日までにSプランをデュアルタイプで新規申し込みした人に適応される。キャンペーンが適応されると月額料金が333円割引される。2つのキャンペーンを併せると最大で月額1,750円割引され、500MBであれば、月額料金が0円となる。

 mineoは2年縛りがなく、いつでも解約が可能で顧客満足度の高いサービスだった。今回のキャンペーンの実施とソフトバンク回線の対応開始でさらに人気が高まることは間違いないだろう。だがそうなると、逆に回線が混雑して通信速度の低下が不安だ。これからのmineoの対策にも注目だ。(記事:風祭・記事一覧を見る

関連キーワードソフトバンクNTTドコモ格安SIMmineo

広告

広告

写真で見るニュース

  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース