信頼性トップは野村、手数料安いイメージはSBI 証券会社イメージ調査

2018年7月19日 17:47

小

中

大

印刷

(c) 123rf

(c) 123rf[写真拡大]

写真の拡大

 マイボイスコムが発表した証券会社のイメージに関するアンケート調査結果によると、認知度トップは野村證券、手数料の安いイメージではSBI証券を挙げた人が多いことが分かった。

【こちらも】株式投資はリスキーだが丁半博打などではない (1)

■株式売買の経験者は減少傾向

 18日、インターネット調査などを手がけるマイボイスコムが、証券会社のイメージに関するアンケート調査の結果を発表した。調査は、2018年6月01日から5日にインターネットを使って行ったもので、10代以上の男女1万655人から得られた結果を集計している。同社では、02年9月から同様の調査を行っており、17年6月に続いて今回は10回目となる。

 株式の売買経験を尋ねた質問では、「ある」と答えた人は37.2%だった。前回(17年6月)の36.8%から、わずかながら増えているものの、第1回(02年9月)の47.2%から10ポイントも減少している。性別や世代別では、男性や高年代層、高収入層で経験者の比率が高くなっており、男性10・20代での経験者は2割強の一方、男性60・70代では6割弱となっている。

■認知度トップは野村證券

 証券会社の認知度で最も高かったのが野村證券の64.4%で、50%を超えたのは同社だけだった。ただし第2回の86.5%、第3回の84.7%からすると、20ポイント以上も下がっている。野村證券は、「信頼性や安心感がある証券会社」「顧客対応がよい証券会社」の設問でもトップになっている。

 野村證券への個別コメントとして、「証券界のガリバー。サービスや情報の充実、便利である等々」(男性52歳)、「難しい知識を知っていて堅い感じ。お問い合わせしにくい」(女性43歳)、「手数料等、他と比べて高い気もするが大手として信頼している。ただし、勧誘は好まない」(女性68歳)などが挙げられている。

 認知度の高い証券会社の2位以下は、大和証券(47.2%)、岡三証券(46.2%)、SBI証券(43.1%)、カブドットコム証券(41.1%)、楽天証券(37.4%)、みずほ証券(37.3%)、松井証券(36.9%)、SMBC日興証券(32.9%)、GMOクリック證券(32.4%)などが続いている。性別や世代別では、野村證券、岡三証券、大和証券などは、「高年代層、特に60・70代での認知率が高い」一方、男性10・20代では「GMOクリック証券」が、男性30代では「SBI証券」がそれぞれ1位となっている。

■手数料の安いイメージはSBI証券

 手数料が安いと思う証券会社では、SBI証券が15.2%でトップ。楽天証券が僅差の14.9%で2位だった。以下、カブドットコム証券(10.3%)、GMOクリック証券(8.0%)、松井証券(5.7%)、マネックス証券(5.6%)などとなっている。また、先進性があると思う証券会社でもSBI証券が11.2%でトップとなっている。

 SBI証券への個別コメントでは、「SBI銀行と連携しているので、お金のやり取りがスムーズにできる」(男性60歳)、「若い人を中心にネット上で勢いのあるイメージ」(女性41歳)などがあった。(記事:県田勢・記事一覧を見る

関連キーワード松井証券SBI証券大和証券みずほ証券

「お金・マネー」の写真ニュース

ライフの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_fashion

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース