三菱航空機、MRJの飛行試験を開始へ 生産も再開予定

2018年7月13日 11:11

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 三菱航空機が開発するジェット機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」は、2017年に納入延期が発表されており、それに伴って生産も一時停止となっていたが(過去記事)、生産の再開は2019年春になるようだ(日刊工業新聞)。

 三菱航空機によると、今月内に飛行試験も開始するとのことで、2020年半ばに納入を行いたい意向だという(日経新聞)。ただ、協力会社は生産の一時停止に伴って人員を削減しており、そのため生産量の引き上げは難しい状態だという。

 いっぽうでボーイングは先日小型旅客機を手がけるブラジル・エンブラエルを買収すると発表しており(日経新聞)、またエアバスもカナダの小型旅客機大手ボンバルディア関連会社に出資するなど、最近では大手航空機メーカーがMRJの競合となる小型旅客機分野に力を入れる状況となっている。

 スラドのコメントを読む | ビジネス

 関連ストーリー:
MRJを開発する三菱航空機、債務超過に 2017年07月04日
MRJ、納入延期に 2017年01月24日
国産ジェット旅客機MRJ、初飛行 2015年11月11日
日本航空、「三菱リージョナルジェット」を初購入 2014年08月30日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMRJ(三菱リージョナルジェット)三菱航空機

「船舶・航空業」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース