日産九州工場、唯一完成検査不正がなかったのは「専門家がいたかどうか」

2018年7月12日 16:52

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 日産自動車が完成検査工程で不正を行っていたことが明らかになったが(過去記事)、同社の国内の6工場のうち、九州工場だけは不正を行っていなかったという。その理由として、同工場の監督者が完成検査を実際に行っていた検査員出身だったことが挙げられている(@IT)。

 日産自動車によると、そもそもこの九州工場以外では完成検査の管理者や監督者が業務の実態を把握できていなかったという。そのため不正に対し違和感を感じなかったのではないかと見ているようだ。

 スラドのコメントを読む | 日本 | ビジネス

 関連ストーリー:
日産自動車で排ガス検査結果の改ざんが発覚。完成検査不正の発覚後も続く 2018年07月10日
完成検査での不正が発覚したスバル、今度は燃費データの書き換えの疑い 2017年12月21日
日産の工場における無資格者による完成検査が行われていた問題、書類偽装も発覚 2017年10月04日
日産自動車、無資格の従業員が完成検査を行っていた問題で約121万台をリコールへ 2017年10月03日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード日産自動車

「電気機器業」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース