(中国)上海総合指数は売り先行もプラス圏回復、当局の発言などを好感

2018年7月12日 10:50

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:50JST (中国)上海総合指数は売り先行もプラス圏回復、当局の発言などを好感
12日の上海総合指数は売り先行。前日比0.24%安の2771.04ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時42分現在、0.84%高の2800.99ptで推移している。売り要因のひとつとされていた「株式担保融資のリスク」について、当局が株価下落による強制決済の影響は限定的だと強調したことが買い安心感を与えている。また、株価の値ごろ感も着目されている。一方、米中貿易戦争の長期化観測が警戒されている。《AN》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース