【株式評論家の視点】SKIYAKIは底値モミ合い、リバウンド相場入りを期待

2018年7月12日 09:11

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 SKIYAKI<3995>(東マ)は、昨年10月26日に東京証券取引所マザーズに上場。同社は、プラットフォーム事業、コンサート・イベント制作事業、旅行・ツアー事業を行っている。ファンのためのワンストップ・ソリューションプラットフォーム「SKIYAKI EXTRA」を中核として、アーティストに係るファンクラブサービス(FCサービス)、アーティストグッズ等のECサービス及び電子チケットサービス「SKIYAKI TICKET」、オンデマンドグッズサービス「SKIYAKI GOODS」、映画・映像製作、旅行・ ツアー事業、コンサート・イベント事業を展開している。

 同社は、「FCサービス」、「SKIYAKI TICKET」の取扱いアーティスト数及び提供サービス数を増やし、取引規模を拡大させているほか、FC、EC、TICKET、旅行及びイベント等の既存サービスに加え、スマートフォン向けキャッシュレス決済サービス「SKIYAKI PAY」のリリースや、事業譲受によりライブ・イベントの同行者を探せるSNSサービス「AMIPLE」を取得するなど、新たなサービスチャネルの展開を開始し、自社プラットフォームユーザーの利便性向上のための取り組みを強化し、本年4月30日現在における「SKIYAKI EXTRA」の総登録会員数は170万人を突破し順調に伸びている。

 今19年1月期第1四半期業績実績は、売上高6億9000万円、営業利益4700万円、経常利益4300万円、純利益2800万円に着地。

 今19年1月期業績予想は、売上高30億7500万円(前期比23.6%増)、営業利益3億円(同23.7%増)、経常利益3億0700万円(同42.1%増)、純利益2億0600万円(同13.4%増)を見込む。年間配当予想は、未定(同15円を実施)としている。

 株価は、昨年10月30日につけた上場来高値9560円から同12月22日安値5510円、2月9日安値4990円、6月26日に上場来安値4320円と調整した後、底値モミ合いとなっている。6月12日大引け後に7月31日を基準日に1株を5株に分割すると発表済み。投資単位当りの金額引き下げによって、より投資しやすい環境を整えることで、株式の流動性が高まり、投資家層と株主数の拡大を図ることを目的としている。チャート的には三段下げを終了しており、分割権利落ち後にリバウンド相場入りが期待されることから、ここから下押す場面は買い妙味が膨らみそうだ。(株式評論家・信濃川)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【業績でみる株価】FCMは18年3月期大幅増収増益・増配予想で再増額の可能性(2018/02/20)
【株式評論家の視点】日本システム技術は第3四半期営業黒字転換、昨年9月の下値圏に届き値ごろ感(2018/02/08)
カチタスはニトリの家具・インテリア付き中古住宅の販売に期待感、2600円どころが下値圏(2018/02/13)
【編集長の視点】BEENOSは1Q流通総額の高進捗率を手掛かりに売られ過ぎの訂正買いが拡大し続急伸(2018/02/19)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース