マンガ図書館Z、電子書籍取次のメディアドゥ傘下に

2018年7月11日 22:38

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 絶版漫画を著作権者の許可を得た上で無料公開しているサービス「マンガ図書館Z」を運営するJコミックテラスが、電子書籍取次のメディアドゥ・ホールディングスの子会社となった(メディアドゥの発表Jコミックテラス取締役会長で漫画家の赤松健氏のTweet)。また、講談社からの出資も受けたという。

 Jコミックテラスは今までヤフー傘下のGYAOが筆頭株主だった。メディアドゥ側は「既存の出版社とは競合せず、むしろ過去の作品を掘り起こすことにより、同じ作家の現在の新刊の販売促進につながります。さらに、無料で合法的にマンガが読める仕組みは海賊版サイトへの有効な対抗策になりうるものと考えております」としている。

 スラドのコメントを読む | ビジネス | 書籍

 関連ストーリー:
誰もが漫画ファイルをアップロードできる「マンガ図書館Z」で作者以外が勝手に公開を許諾する例が続出 2016年01月15日
「絶版マンガ図書館」、GyaOと共同運営で「マンガ図書館Z」にリニューアル 2015年08月04日
絶版となったPC入門マンガ、「絶版マンガ図書館」で公開中 2014年09月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード著作権電子書籍海賊版講談社

「IT・情報通信業」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース