大手4社ともに既存店・全店売上がプラスに 回転寿司チェーン6月売上

2018年7月6日 16:36

小

中

大

印刷

 回転寿司チェーン大手4社が6月の売上を発表し、そろって既存店・全店の売上高が昨年比プラスとなったことが分かった。

【前月は】スシローや元気寿司好調も、くら寿司が全店売上マイナス 回転寿司5月売上

■元気寿司は客数、客単価ともに好調

 2日、「元気寿司」「魚べい」などを展開する元気寿司が、6月の売上推移を発表した。前年同月比で、既存店売上が109.2%、客数が106.0%、客単価が102.9%、総売上が116.9%(金額:28億2,600万円)だった。

 前期(2017年4月~18年3月)は、5月(95.6%)、6月(99.8%)と客数が前期比マイナスとなったものの、今期(18年4月~19年3月)は客数、客単価ともに3カ月連続で前期比プラスが続き、好調な売上となっている。6月の出店は1店、退店はなく、店舗数は153店。

■かっぱ寿司は既存店・全店売上がともに前期比プラス

 2日、「かっぱ寿司」を展開するカッパ・クリエイトが、6月の売上推移速報を発表した。前年同月比で、既存店売上高が107.0%、客数が101.1%、客単価が105.8%、全店売上高が105.0%、客数が99.1%、客単価が105.9%だった。

 既存店・全店の売上がそろって前期比プラスとなるのは、2018年3月以来。また、既存店客数が前期比プラスとなるのは、2015年10月(101.7%)以来のこと。全店客数は、2017年4月から前期比割れが続いているものの、今期(18年4月~19年3月)では、4月:93.0%、5月:94.3%、そして、この6月:99.1%と回復の傾向がある。

■スシローは全店売上高が前期比120%

 3日、「スシロー」を展開するスシローグローバルホールディングスが、6月の月次情報を発表した。前年同月比で、既存店売上高が113.1%、客数が108.6%、客単価が104.1%、全店売上高が120.9%だった。

 既存店売上高は2017年11月から8カ月連続で前期比プラス、全店売上高は17年6月から13カ月連続で前期比プラスと、大手4社の中でも安定して好調な売上が続いている。

■くら寿司も6月に売上回復

 5日、「無添くら寿司」を展開するくらコーポレーションが、6月の月次報告(速報)を発表した。前年同月比で、既存店売上高が101.8%(曜日補正後は99.1%)、全店売上が105.6%(金額:95億6,200万円)だった(売上確定値と既存店の客数、客単価は18日に発表予定)。

 今期(2017年11月~18年10月)4月までの上半期累計は、既存店売上高が100.7%、全店売上高が105.0%と順調だったものの、下半期の皮切りとなる5月に既存店売上高が94.3%、全店売上高が99.3%と、どちらも前期比マイナスになっていた。全店売上高が前期比マイナスとなるのは、2014年3月以来(99.1%)のことだった。曜日配置などの要因もあるが、6月になって売上を回復した格好だ。(記事:県田勢・記事一覧を見る

関連キーワードかっぱ寿司くらコーポレーションスシロー無添くら寿司元気寿司

広告

広告

写真で見るニュース

  • CX-30(写真:マツダ発表資料より)
  • PASSION DIAMONDの取り扱い商品例。(画像:D.Tech発表資料より)
  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース