地球深部探査船「ちきゅう」の運用を受託する日本海洋掘削が経営破綻

2018年6月28日 18:23

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 2005年に完成した地球深部探査船「ちきゅう」の運用・管理業務を受託していた日本海洋掘削が経営破綻、会社更生法の適用を申請した(NHK)。

 ちきゅうは海洋研究開発機構(JAMSTEC)が所有する探査船で、2012年には海洋科学掘削の世界最新記録を更新するなどの実績を残している。

 ちきゅうの運用自体は日本海洋掘削と日本郵政の共同出資で設立された日本マントル・クエストによって行われており、運用は継続されるとのこと。

 日本海洋掘削は油田やガス田開発のための海底掘削工事を手がけているが、原油価格の低迷でこれらの開発が低迷、受注が減っていたという。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 地球 | サイエンス

 関連ストーリー:
深部地球探査船「ちきゅう」がメタンハイドレートの試掘に成功 2013年03月12日
国際チーム、地球深部探査船「ちきゅう」によるマントルの掘削に挑戦。予算見積もりは約10億ドル 2012年10月05日
「ちきゅう」が海底科学掘削の世界最深記録を更新 2012年04月29日
地球深部探査船「ちきゅう」が完成 2005年08月02日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード日本郵政地球深部探査船「ちきゅう」海洋研究開発機構日本海洋掘削

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース