サイゼリヤ、長瀬産業の割れにくい食器「Tritan」を導入

2018年6月26日 08:20

小

中

大

印刷

サイゼリヤで導入されるジョッキ、ワイングラス、ジュースグラス、デカンタ250ml、同500ml(左から)。(写真:長瀬産業発表資料より)

サイゼリヤで導入されるジョッキ、ワイングラス、ジュースグラス、デカンタ250ml、同500ml(左から)。(写真:長瀬産業発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 長瀬産業は、同社の合成樹脂「Tritan(トライタン)」を使用した食器が、サイゼリヤ全店に導入されると発表した。6月中旬から順次導入は始まっており、年内をめどに、全店舗約1,000店に導入されるという。

【こちらも】米マクドナルド、無駄に便利なフォーク型食器を発明

 サイゼリヤは同名の企業が運営するイタリアンレストランである。2001年に国内500店舗、2013年にはファミレス業界としてはすかいらーくグループの「ガスト」以来となる国内1,000店舗を達成しており、海外出店も行っている。

 さて、長瀬産業のトライタンというのは、割れにくいプラスチックの一種である。ガラスのような透明性があるが、耐久性が高く、食器洗い機での洗浄に適するという特徴がある。既に哺乳瓶やスポーツ用水筒などの生活用品、あるいは医療機器などにも応用されている。

 サイゼリヤにおいては、主に飲み物用の什器として実装される。具体的には、ジュースグラス、ワイングラス、ジョッキ、デカンタ(250ml/500ml)の5種類が導入される。

 ちなみにサイゼリヤでは、これまではごく普通にガラス製の食器を使用していた。だが、トライタンの食器を導入することで、ガラス製食器によくある破損による怪我をなくし、安心して食事のできる場を提供していきたいとのことである。また、持ち運びや食器洗いなどの作業負担の軽減も期待できるという。

 トライタンは業務用の食器の素材として現在注目を集めており、今後は同じ用途でほかの市場へも拡大をはかっていきたいという。その他、トライタンの特徴は以下のようなものである。

■トライタンの特徴
 -ガラスのような透明感
 -100度以上の耐熱温度
 -強靭性
 -耐薬品性
 -BPA(ビスフェノールA)フリー
 -優れた成形性・二次加工性(藤沢文太)

関連キーワードサイゼリヤ

「飲食業」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース