一人乗り飛行機開発コンテストGoGly、一次審査通過の10チーム発表

2018年6月22日 18:54

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 2017年、1人乗り航空機開発コンペ「GoFly」にBoeingがスポンサーとなって賞金200万ドルを提供することが報じられたが、このたびその第1次審査の通過者10チームが発表されたEngadgetFastCampanySlashdot)。日本からエントリーした「TETRA」というチームもこの1次審査を通過している。

 このコンペには30か国、600人以上のエントリーがあったとのこと。一次審査を通過した10チームデザインにはヘリコプターに近いやバイクに翼とプロペラを付けたような形状のもの、UFOのようにも見えるもの、カートのようなものなどバラエティに富んでいる。10チームにはそれぞれ賞金2万ドルが授与され、続いては実際の機体開発が進められる。

 スラドのコメントを読む | 交通

 関連ストーリー:
ボーイング、ジェットパックの開発を目指すコンペ「GoFly Prize」に200万ドルを提供へ 2017年10月02日
自動運転車の父、空飛ぶ自動車の時代が来ると主張 2017年09月22日
Googleのラリー・ペイジ、秘密裏に「空飛ぶ自動車」ベンチャーに100億円以上を投資していた 2016年06月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース