IntelのCPU、投機実行に関した新たな脆弱性が見つかる

2018年6月20日 18:53

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 CPUの投機的実行が原因となる脆弱性の報告が続いているが、Intelが6月13日、同様の新たな脆弱性の存在を明らかにした(ITmediaCVE-2018-3665)。

 WindowsやLinuxなどさまざまなOSが影響を受けるが、OS側で対応が行えるようだ。また、Webブラウザ経由での悪用は難しいとされている。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | Intel

 関連ストーリー:
Spectre/Meltdown脆弱性の新バリアント2件が公表される 2018年05月25日
複数のOSやハイパーバイザで脆弱性、CPUの予期しない挙動に対する解釈を誤ったのが原因? 2018年05月11日
「Spectre」に似たCPUの脆弱性8つが新たに発見される 2018年05月08日
IntelのCPUをターゲットとする新たな攻撃手法が発表される 2018年03月30日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード脆弱性WindowsIntelLinux

広告

写真で見るニュース

  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース