東エレク 大幅続落、メモリ投資ピークアウト懸念で欧州系証券が目標株価下げ

2018年6月15日 15:07

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*15:07JST 東エレク---大幅続落、メモリ投資ピークアウト懸念で欧州系証券が目標株価下げ
東エレク<8035>は大幅続落。クレディ・スイス証券では投資判断「ニュートラル」継続で、目標株価を19700円から17600円に引き下げている。今後、サムスン電子の設備投資伸び悩みなど、今後メモリ設備投資の見直しが入る可能性が高く、今期業績は未達、来期も17%の営業減益を予想している。各社の19年設備投資計画が出揃う19年第1四半期までは悪材料出尽くしにならないと考えているもよう。《HH》

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース