日産、フォーミュラE第5シーズンに参戦 マシン画像を公開

2018年6月15日 19:02

小

中

大

印刷

(画像: 日産自動車)

(画像: 日産自動車)[写真拡大]

写真の拡大

 日産自動車は14日、4大陸12都市で開催されるABB FIAフォーミュラE選手権第5シーズン(2018年~19年シーズン)に参戦することを発表し、参戦マシーンの画像を公開した。

【日系では初の参戦】日系メーカー初、日産・フォーミュラEに2018年から参戦!EVの「走る実験室」

 第5シーズンは、12月のサウジアラビアから始まり、モロッコ、メキシコシティ、香港、パリ、モナコなど7月のニューヨークまで12都市13レースが開催される。

 日産は、2017年の東京モーターショーでフォーミュラEへの参戦を発表し、2018年3月にはジュネーブモーターショーでフォーミュラEに参戦するマシンのカラーリングを発表した。

 今回のシーズンでは、第2世代の新型Eフォーミュラマシンと、新たなレースフォーマットが導入される。新型フォーミュラマシンは200kwで走行し、アクティベーション・ゾーンを走行する際には225kwまで出力を上げることが可能。レースの途中で車両を乗り換える必要がなくなった。

 アクティベーション・ゾーンは、オンラインやテレビで観戦するファンにもわかるようにコース上に表示される。コックピットを保護する「ハロ」デバイスにはLEDライトが点灯し、2種類のパワーモードのどちらを使用しているかが識別可能。加えてファンは、「ファンブースト」システムにより好きなドライバーに投票ができ、投票が多かったドライバー3人は一定時間、250kwの電気を使用出来る。

 また、これまでは決められた周回数だったが、第5シーズンでは45分+1週でレースを競う。

 第5シーズンは、12月15日にサウジアラビアのアド・ディルイーヤで開幕する。

関連キーワード日産自動車フォーミュラE

「自動車・二輪車・部品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告