IBMと米エネルギー省、新たなスパコン発表 中国から性能トップ奪還へ

2018年6月14日 21:19

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 6月9日、米エネルギー省のオークリッジ国立研究所がスーパーコンピュータ「Summit」を発表した。ピーク性能は200PFLOPSで、世界最高性能のスーパーコンピュータになるという(MIT Technology ReviewTechCrunch)。

 スーパーコンピュータの性能ランキングである「TOP500」では、ここ数年の間中国がトップだった。2017年11月時点でのトップは中国・国家超級計算無錫中心(National Supercomputing Center in Wuxi)の神威太湖之光(Sunway TaihuLight)だったが(過去記事)、Summitはこれよりも60%高性能だという。

 Summitは4608ノードから構成されており、各ノードにはCPUとしてIBMのPower9(22コア)2基とNVIDIAのTesla V100 GPUを6基搭載する。システム合計での搭載メモリは10PB以上だそうだ。

 スラドのコメントを読む | スパコン | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
世界4位のスパコン「暁光」、助成金受給疑惑の影響で撤去に 2018年04月13日
スパコン世界ランキング、総計算能力でも中国が米国を抜いて世界一位へ 2017年11月16日
スパコン世界ランキング「TOP500」2017年6月11月版発表、トップは前回同様中国の神威太湖之光 2017年06月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国IBMNVIDIAスーパーコンピュータ

「スパコン」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る