ケイト・スペード、18年秋コレクション発表

2018年6月12日 12:56

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ケイト・スペード ニューヨーク(kate spade new york)は、2018年フォールコレクションを東京・品川で発表した。

■大陸横断の旅はナッシュビルへ

 ブランドの生誕25周年を祝うアメリカ大陸横断の旅を1年かけて続けるケイト・スペード ニューヨーク。2018年フォールコレクションでは、テネシー州ナッシュビルからインスピレーションを得た。街並みにあふれる音楽のキラキラした音色や、洗練されたスピリットを反映した街のアイデンティティを、コレクションピースに落とし込んでいる。

■馬モチーフのセーターやデニム

 馬を繊細に描いたニットセーターは、大草原を連想させるシンボリックな1着。気品あふれるベルベットのスカートと組み合わせ、カジュアルながらも詩的な余韻を残していく。カウモチーフのレザーコートや、リュクスなファージャケットにはデニムパンツをコーディネート。その他、ゴールドのスタッズが光る、オーバーシルエットのデニムジャケットなど、インディゴデニムのアイテムが、叙情的でシックなスタイリングの中に活動的な印象をもたらす。

■華やかなカントリースタイル

 アイキャッチな幾何学模様やエキゾチックな柄もまた、コレクションを鮮やかに彩るエッセンスだ。金糸を交えた更紗のテキスタイルパターンのドレスには、白い糸でバラを刺繍したウールのロングコートを組み合わせ、華やかなカントリースタイルを提示。

 ソフトスエードのフリンジジャケットや、柔らかなシフォン素材で仕立てた総柄のドレス、フリルやギャザーを施し、ふわりと仕上げたドレスやブラウスなど、繊細なディテールやこだわりのファブリックが光る。シックで落ち着きのある優雅さを随所に見せた。

■アイコニックなサムバッグ

 25周年イヤーに際し、ブランドの原点回帰の象徴ともいえる「サム(sam)」バッグにも注目だ。スエード素材を使用してフリンジを飾った「ミニサム」や、ディープレッドのクロコダイルの型押しレザーをあしらったモデルなど、新たな素材を纏って登場。ふわふわとした質感のムートンは、柔らかな温かみのあるデザインがフェミニンな印象だ。

 ウェアと連動した、インディゴデニムのフリルをあしらった「サム」も。スタッズとゴールドリングのアクセントを利かせ、スタイリッシュに仕上げている。

■輝く馬のシャンデリアピアス

 また、きらびやかなジュエリーもコレクションを彩る。煌く馬のシャンデリアピアスは、揺れ動くラインストーンが存在感を放つ。「“GRANDMA'S CLOSET”=おばあちゃんのクローゼット」と名付けられたシリーズからは、イミテーションパールに星やハートを飾った、クラシカルでプレイフルなジュエリーが登場した。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードケイト・スペード ニューヨーク2018年秋冬コレクション

「ファッション」の写真ニュース

ライフの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_fashion

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース