東京センチュリー ミツイワ・バイナスとロボット技術者育成用実習装置レンタル事業

2018年6月11日 15:17

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*15:17JST 東京センチュリー---ミツイワ・バイナスとロボット技術者育成用実習装置レンタル事業
東京センチュリー<8439>は7日、ミツイワ社(本社:東京都渋谷区)およびバイナス社(本社:愛知県稲沢市)との3社間にて、ロボット技術者育成用実習装置レンタル事業における業務提携契約の締結を発表。

同社はミツイワ社、バイナス社と協業し、ロボット技術者育成用実習装置「ロボトレーナ」のレンタル事業を開始する。バイナス社が開発・製造する「ロボトレーナ」を同社が保有、ミツイワがマーケティング・営業活動を行い、ロボット技術者育成を目指す顧客にレンタルする。
現在の生産現場では慢性的な人手不足の対策として、ロボットを活用した工場ラインの省人化促進が求められているが、特に中小企業においてはロボット技術者の不足などを要因として、導入が進んでいない実態がある。同社はこの課題を解決すべく、ロボット技術者育成用実習装置「ロボトレーナ」を開発・製造しているバイナスおよびその総代理店であるミツイワと「ロボット技術者教育」に取り組む。顧客は、必要な期間「ロボトレーナ」をレンタル方式で実習利用し、手軽にかつ少ない費用での導入が可能になる。

東京センチュリーの国内リース事業分野では、「サービス」をキーワードに、有力パートナーとの共同事業の展開により、同社ならではの事業の創出に注力している。今後も「ロボトレーナ」の拡販・普及促進を図るとともに、人手不足という社会課題の解決に挑戦する考え。《MW》

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース