悪評の多い香港の通販サイト、DMCA悪用し批判のブログ記事を削除

2018年6月7日 23:45

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 「【Hassyon・DWstyle等】中華系の詐欺通販サイトにご注意を」というブログ記事を掲載したブロガーに対し、嫌がらせメールやDMCA申請を悪用した記事の検索インデックス削除といった隠蔽行為が行われたそうだ(噂の『DMCA悪用』によってブログ記事が検索結果から削除された話)。

 DMCA申請の悪用自体はよくあることだが、今回の手口では問題の記事の冒頭をそのままコピーしたブログ記事を作成し、その公開日付を過去のものに変更することで著作権侵害を主張するという、非常に雑な手口が使われていたという。

 SEOに詳しい辻正浩氏Tweetによると、問題のサイトでは多くの悪評が出ているようで、それを隠蔽しようとするサイトも多く見つかるという。また、そんな状況でもGoogleやInstagramなどに広告が多く出ている模様。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Google | 広告 | インターネット | IT

 関連ストーリー:
海賊版配信サイト「漫画村」、カナダ・ハーレクインからの申請によりGoogle検索結果から排除される 2018年04月14日
艦これ運営のTwitterアカウントが凍結される、第三者からの虚偽のDMCA申請が原因 2018年02月22日
DMCAを悪用した批判記事の削除事例はそれなりに発生している 2017年08月29日
Wantedly、IPOについて批判的な投稿のブログを対象にGoogleにDMCAに基づく削除を申請 2017年08月25日
DMCA削除要請により、広告ブロック用フィルターリスト「Easylist」からフィルターが削除される 2017年08月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード著作権侵害GoogleInstagram香港

「インターネット・ウェブサービス」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース