最小1時間単位で指定し都内に当日宅配 羽田・成田空港で利用可能に

2018年6月6日 16:54

小

中

大

印刷

羽田空港 (c) 123rf

羽田空港 (c) 123rf[写真拡大]

写真の拡大

 6月4日より、最小1時間単位での時間指定が可能な宅配サービス、「Scatch!」が成田空港と羽田空港で利用可能になった。

【こちらも】ヤマト運輸、宅配ロッカーの増設を継続

 同サービスを運営しているのは、ソフトバンクグループのMagicalMove(マジカルムーブ)社。羽田と成田において実際に集荷や宅配料金の受け取りを行うのは、JALエービーシー社である。

 昨今、宅配を巡るインフラの再整備は大きな変革の途上にある。大手の宅配業者が料金体系を見直したり、配達時間帯の編成を改めたりする事例が特に珍しくもなく聞かれるようになった。

 全体的には値上げや配達時間帯の縮小などを伴う改革が行われるケースが多いわけであるが、しかし「より細かい時間帯指定をしたい」というようなニーズを埋めていこうとするサービスももちろん存在する。その一例が、このScatch!である。

 Scatch!の配達時間帯は、午前6時から深夜24時までに及ぶ。10時から20時までは2時間おきの指定となるが、それ以外の時間帯は1時間おきでの時間指定が可能だ。

 なお、今回利用可能になったのは、成田空港か羽田空港から、東京23区内への配送に限られる。基本的には空港から自宅などへ荷物を配送する「到着宅配」を利用するに際し、JALエービーシーの「空港宅配サービス」において、Scatch!の配達時間帯を指定できるようになったというわけだ。

 なお、成田では14時まで、羽田では14:30まで、当日(午後21時以降)の受け取りの指定も可能である。さらに、配送が開始されると、Scatch!のマイページ上で配送車両の位置情報を、地図上でリアルタイム確認することができる。

 なお、荷物は空港からプラスカーゴサービスセンターの輸送によって東京都内の配送センターに移動され、そこを経由して配達される。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワードソフトバンク成田国際空港羽田空港(東京国際空港)

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース