視力が低くなる遺伝子持つ人、高知能な可能性が高い 理由は不明

2018年6月4日 23:49

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 眼鏡をかけていると賢そうに見えるという話があるが、視力の低さに影響する遺伝子と頭の良さには相関関係が見られたという(GuardianNature Communications誌軽視論文)。

 この論文では、30万486人を対象に認知能力や反応速度、そして視力や血圧、寿命と言ったさまざまな健康にまつわる要素と遺伝子の関連性について調査を行っている。その結果、709の遺伝子に認知能力との関連性が見られたそうだ。さらに、遺伝子情報を分析して得たスコアから認知能力を予測することもできたという。

 その結果の1つとして、視力が低くなるような遺伝子を持っている人は、そうでない人と比べて知能が高くなる可能性が30%ほど高かったそうだ。ただしこの調査では単に相関を調べただけで、その理由などについては分からない。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス

 関連ストーリー:
安価なDNA検査サービスに犬のDNAを送ってみた結果 2018年05月09日
米国農務省、遺伝子編集技術について規制しない方針を示す 2018年04月06日
2003年にチリで発見された謎の人型ミイラ、複数遺伝子の突然変異による形成異常との研究結果 2018年03月24日
人工網膜で視力を回復される研究、来年度に臨床試験申請へ 2017年02月14日
ロボットやITで能力補強する「超人スポーツ」 2015年02月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード遺伝子

広告

広告

写真で見るニュース

  • AI画像診断支援ソリューション画面例(画像: NTTデータの発表資料より)
  • カングーイラスト入りマカロン「マカロンデー×ルノー スペシャルパッケージ」(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
  • 追加された機能のイメージ。(画像: One Tap BUYの発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ユープレイスの外観イメージ(ピーアンドディコンサルティング発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース