1日の米国市場ダイジェスト:NYダウは219ドル高、雇用統計を好感

2018年6月4日 07:49

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:49JST 1日の米国市場ダイジェスト:NYダウは219ドル高、雇用統計を好感
■NY株式:NYダウは219ドル高、雇用統計を好感

1日の米国株式相場は上昇。ダウ平均は219.37ドル高の24635.21、ナスダックは112.21ポイント高の7554.33で取引を終了した。5月雇用統計は失業率が約50年ぶりの低水準となったほか、非農業部門雇用者数と平均時給の伸びが予想を上振れ、買いが先行。ハイテク株に買いが広がったほか、スペインとイタリアでそれぞれ新首相が就任する見通しとなり、足元の政局混乱が一服したとの見方から欧州株が全面高となったことも、米国株を押し上げ終日堅調推移となった。セクター別では、半導体・半導体製造装置やテクノロジー・ハード・機器が上昇する一方で公益事業や食品・飲料・タバコが下落した。

ヨガウェアのルルレモン・アスレティカ(LULU)は、通期見通しが予想を上振れ、大幅上昇。短文投稿サイトのツイッター(TWTR)は、一部アナリストによる目標株価引き上げを受け、堅調推移。検索大手のアルファベット(GOOGL)は、傘下の自動運転のウェイモが年内の自動運転サービス開始に先立ち、自動車大手のフィアット・クライスラー(FCAU)から62000台の車両を調達することが明らかとなり、買われた。一方で、会員制卸売のコストコ・ホールセール(COST)は、粗利益率の減少が嫌気され、売られた。

トランプ政権がEU(欧州連合)やカナダ、メキシコ製の鉄鋼及びアルミニウムの輸入関税発動を発表し、各国が報復措置を表明するなど貿易戦争への懸念が強まるなか、2日に終了するG7財務相・中銀総裁会議の協議内容が週明けの株式市場に影響を与えそうだ。

Horiko Capital Management LLC


■NY為替:強い米雇用統計受けてドル買い優勢

1日のニューヨーク外為市場でドル・円は、109円41銭から109円73銭で推移し、109円54銭で引けた。米国の5月雇用統計、5月ISM製造業景況指数、4月建設支出の強い結果を受けて、ドル買いが一時強まった。

ユーロ・ドルは1.1688ドルから一時1.1617ドルまで下落し、1.1659ドルで引けた。オプション絡みのユーロ売りも目立ったもよう。ユーロ・円は128円14銭まで上昇後、一時127円18銭まで下落した

ポンド・ドルは1.3284ドルから1.3362ドルまで上昇。対ユーロでのポンド買いが波及した。ドル・スイスフランは0.9865フランから0.9913フランでもみ合った。


■NY原油:続落で65.81ドル、米国の生産拡大姿勢継続で売り優勢に

NY原油先物は続落(NYMEX原油7月限終値:65.81↓1.23)。66.84ドルまで上昇後、65.63ドルまで下落した。米国の5月雇用統計、5月ISM製造業景況指数、4月建設支出の改善、株高を好感して底堅い動きが続いていた。しかし、米ベーカー・ヒューズ社が発表した米国内の石油掘削装置(リグ)稼働数が861基となり、前回から2基増加。シュールオイル生産拡大の姿勢が引き続き示されたことから、売りが優勢になった。また、ドル高による割高感にも圧迫された。


■主要米国企業の終値

銘柄名⇒終値⇒前日比(騰落率)

バンクオブアメリカ(BAC) 29.04ドル +0.36ドル(+1.24%)
モルガン・スタンレー(MS) 51.21ドル +1.07ドル(+2.13%)
ゴールドマン・サックス(GS)228.35ドル +2.47ドル(+1.09%)
インテル(INTC) 57.08ドル +1.88ドル(+3.41%)
アップル(AAPL) 190.24ドル +3.37ドル(+1.80%)
アルファベット(GOOG) 1119.50ドル +34.51ドル(+3.18%)
フェイスブック(FB) 193.99ドル +2.21ドル(+1.15%)
キャタピラー(CAT) 153.52ドル +1.61ドル(+1.06%)
アルコア(AA) 47.64ドル -0.43ドル(-0.89%)
ウォルマート(WMT) 82.99ドル +0.45ドル(+0.55%)
スプリント(S) 5.20ドル -0.06ドル(+1.17%)《HT》

「海外株式市場」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース