レカムが続伸、「グローバル商社構想」を推進し今期も最高益を更新する見込み

2018年5月21日 12:54

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■中国子会社の株式上場準備も進む

 レカム<3323>(JQS)は21日の前場、279円(9円高)まで上げて2日続伸基調となった。情報通信機器販売やBPO(アウトソーシング受託)事業などを展開し、5月14日に発表した第2四半期決算(2017年10月~18年3月累計・連結)は売上高、各利益とも第2四半期累計期間としては連続最高を更新した。9月通期の見通しも同様に最高を更新する見込み。中国やベトナムなどでの展開が急で、中長期戦略ではエフティグループ<2763>(JQS)との連携による「グローバル商社構想」を推進する。

 今期・18年9月期の連結業績見通しは、M&Aによりグループ化したLED照明卸売り事業の上乗せなども加わり、売上高は前期比約50%増加して77億円、営業利益は同じく2倍超の7億円、純利益も同2倍を超える3.4億円、1株利益は5円65銭の計画だ。

 また、中国子会社のレカムビジネスソリューションズ(大連)株式有限公司の中国での株式上場に関する審査が18年4月に完了し、7~8月頃にも実現する方向になっている。

【お知らせ】レカムの代表取締役社長兼グループCEO伊藤秀博氏が5月22日(火)、日本インタビュ新聞社主催のIRセミナー(個人投資家向け説明会)に登場。 【会場】東洋経済新報社9階ホール(東京都中央区日本橋本石町1-2-1) 【入場無料】先着順定員(230名) 12時30分開場・13時開演。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】BEENOSは1Q流通総額の高進捗率を手掛かりに売られ過ぎの訂正買いが拡大し続急伸(2018/02/19)
【材料でみる株価】イオレは団体活動を支援するデータカンパニー(2018/02/19)
【業績でみる株価】夢真ホールディングスは17年9月期1Q大幅増収増益、通期予想に上振れ余地(2018/02/13)
【株式評論家の視点】スペースシャワーネットワークは第3四半期業績が年計画を上回り好調、下値圏に届き下げ渋る(2018/02/07)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース