来週以降も中小型株の出直りがみられるか注目【クロージング】

2018年5月18日 16:05

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:05JST 来週以降も中小型株の出直りがみられるか注目【クロージング】
18日の日経平均は続伸。91.99円高の22930.36円(出来高概算13億株)で取引を終えた。前場半ばに22954.19円まで上げた後はこう着感の強い相場展開となり、後場の値幅は40円程度にとどまっている。出来高は4月23日以来、約1ヵ月ぶりの低水準となり、インデックスに絡んだ売買が日経平均をけん引する格好となった。

東証1部の騰落銘柄は値上がり数が1100を超えており、過半数を占めている。セクターでは石油石炭、鉱業、保険、非鉄金属、ゴム製品、パルプ紙が堅調。半面、その他製品、金属製品、食料品、不動産、水産農林が小安い。指数インパクトの大きいところでは、エーザイ<4523>、ファナック<6954>、TDK<6762>、ユニファミマ<8028>、ファーストリテ<9983>がけん引。一方で東エレク<8035>、アドバンテスト<6857>、ダイキン<6367>が重石となった。

日経平均は引き続きインデックスに絡んだ商いが中心であり、リバウンド基調が継続しているものの、月末のインデックスイベントによる需給面での影響を見極める必要がありそうだ。また、マザーズ、JASDAQは続伸となり、前日に25日線を突破したマザーズは小幅に続伸し、JASDAQは25日線を捉えてきている。来週以降も中小型株の出直りがみられるかが注目されよう。中小型株の物色が持続しないようだと、月末のインデックスイベント、6月の米朝首脳会談に向けて、こう着感の強い相場展開を余儀なくされそうだ。(村瀬智一)《AK》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 日野セレガ スーパーハイデッカ。(画像:日野自動車発表資料より)
  • ボーイング777F型機(画像: 全日本空輸の発表資料より)
  • 「LIVE QR(ライブ・キューアール)」の画面イメージ。(画像: ボードウォークの発表資料より)
  • 2012年8月31日に起こったコロナ質量放出の様子。(c) NASA's Goddard Space Flight Center
  • アルト 40周年記念特別仕様車 Lリミテッド。(画像:スズキ発表資料より)
  • PCエンジンミニ、本体イメージ。(c)Konami Digital Entertainment
  • 「ドラゴンクエストウォーク」の画面イメージ。(画像: スクウェア・エニックスの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース