Windows 10、April Update 2018適用でIntel製SSD搭載マシンに不具合

2018年5月18日 12:24

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 Intelの一般向けSSD「Intel SSD 600p」シリーズおよびビジネス向けSSD「Intel SSD Pro 6000p」を使用したマシンにWindows 10のApril Update 2018を適用すると、システムが起動せずにBIOS/UEFI画面が表示されるという不具合が発生しているという(PC Watch)。

 報告を受けてMicrosoftは同SSDを搭載したマシンではApril Update 2018を自動ではインストールしないようブロックしているとのこと。

 これとは別に、April Update 2018の修正パッチとなる「KB4103721」を適用すると、OSが起動不能になる問題が起きている環境もあるようだ(、PC Watchの別記事)。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ソフトウェア | Windows

 関連ストーリー:
「Windows 10 April 2018 Update」で複数の不具合が確認される 2018年05月09日
Windows 10 April 2018 Updateで削除された機能、何か使ってた? 2018年05月05日
Windows 10 April 2018 Update、一般向けにリリース 2018年05月02日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsWindows 10IntelSSD

「ソフトウェア・OS」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース