政府、改元後も一部システムで「平成」継続使用を検討 一定期間

2018年5月16日 10:48

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

hohoho曰く、 来年5月1日に改元が予定されているが、新たな元号の発表は来年2月24日以降になるとされている(過去記事)。しかし、改元によるシステムや利用者のトラブルを避けるため、来年5月1日以降も一部の行政システムでは「平成」の元号を使い続けることが検討されている(朝日新聞)。

 識者からは元号の検討過程の透明化に期待する声も出ているが、首相官邸は厳しくかん口令を敷いており、作業は秘密のベールに包まれているようだ。

 みんながあとで混乱する事が分かっているなら、もう少しスマートに解法を考えられないのであろうか??

 なお、政府は以前「システム改修が想定より短期間で対応できることが判明した」として新元号の発表をなるべく遅らせる方針を示していた。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 日本 | IT | 政府

 関連ストーリー:
Windows 10では今春に新元号「??」が実装される 2018年04月23日
新元号の発表は来年2月24日以降に 2018年04月06日
難しくはないが大きな工数が予想される改元対応 2017年12月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

「ITソリューション」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース